インタビュー
» 2014年10月01日 08時00分 公開

世界で売れてる、日本発のヒット商品:“イケてない企業”が陥りがちな、2つのワナ (2/5)

[土肥義則,Business Media 誠]

消費者側には伝わっていない

Apple TVのリモコンはとてもシンプル(出典:アップル)

永井: その答えを言う前に、ひとつ質問をさせてください。スーパーやコンビニなどに行けば、飲料の新商品が並んでいますが、1年間にどのくらいの商品が販売されていると思いますか?

土肥: うーん……50商品くらいですかね。

永井: 2000商品もあるんですよ。

土肥: なんと!

永井: 平日は約200日ですから、単純に計算すると、1日に10商品ほど発売されています。先ほど、ドイさんは年間に50商品くらいかな、と話されていましたが、商品名すべて言えますか?

土肥: 無理。

永井: ドイさんと同じように、ほとんどの人は答えることができません。つまり、多くの商品がスルーされているんですよ。企業側は「この新商品はオススメですよ」とアピールしているのですが、消費者側には伝わっていないんですよね。

 企業側の一方通行だから伝わらない。逆に、消費者側の声を聞いたらいいのでは? と思われるかもしれませんが、これもダメなんですよ。

土肥: どうしてですか? 商品開発にあたって消費者の声を聞くのは必要なはず。

永井: もちろん、無視しろという話ではありません。ただ、消費者の声を聞いて、聞いて、聞いて、テレビのリモコンはいろいろな機能が追加されましたよね。「お客さんの言う通りにすればいいんだ」をモットーにして、とにかく言うとおりに作っていったら、ボタンがたくさん付いてしまった。

 例えば、ご自宅にあるテレビやDVDのリモコンを思い出してみてください。ボタンがたくさんあって機能満載ですが、使いこなせませんよね。一方でApple TVのリモコンはボタンが3つだけなので、とてもシンプル。「あれも欲しい」「これも欲しい」というお客さんの言いなりにならず、「本当に顧客が必要とするものは何か」を考え抜いた結果、こういうデザインになったのです。

 先ほど、ドイさんは「なぜ企業はお客さんの立場になって考えることができないのか?」という質問がありましたが、お分かりいただけたでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -