インタビュー
» 2015年01月07日 08時00分 公開

コンビニの「野菜」が、なかなか売れない理由仕事をしたら“2015年”が始まった(後編)(5/5 ページ)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ちょっと怖い話

コンビニで販売されている「大根」は……

川乃: 野菜の話になったので、最後に大根についてちょっと紹介させてください。

土肥: なんでしょうか?

川乃: コンビニでは大根をカットしたモノを売っていますよね。例えば「2分の1」にして。

土肥: コンビニだけでなく、スーパーや八百屋などでもよく見かけます。独り暮らしの人がよく買っているのでしょう。

川乃: 大根を2分の1にしたモノをくっつけてみてください。

土肥: へ?

川乃: 明らかに、平均的な大根の長さよりも短いんですよ。もちろん、すべてのコンビニのすべての大根がそうなっている、という話ではありません。

土肥: ということは、2分の1ではなく、3分の1ですか?

川乃: いや、平均的な大根よりも“短い品種のモノ”かもしれませんよ(苦笑)。おっと、これ以上話をすると、いろいろヤバそうなので、ここらでおしまいとさせてください。

土肥: ちょ、ちょっと待ってください。消えて大根はどこに行ったのですか? 川乃さん、消えないでーー。

(終わり)

なぜセブン-イレブンは“王者”であり続けるのか(前編)

連載が本になりました!:

 連載「仕事をしたら○○が見えてきた」が、『ササる戦略』(三才ブックス)というタイトルで書籍化されました。

 「なぜミニストップのソフトクリームは真似されないのか?」「50年以上前に発売された『スーパーカブ』が、いまも売れている理由」など、業界が注目する12社から“ヒットの法則”を紹介しています。

 ビジネス書が苦手……という人でも大丈夫。商品を開発した人はどのような苦労があったのか。その商品を売る人はどのような工夫をしたのか。マーケティングや消費者の行動などを分かりやすく解説していますので、オススメの1冊です!

 →『ササる戦略


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -