連載
» 2015年07月16日 08時00分 公開

コンビニのドーナツはミスドに勝てるのかご一緒に“おでん”いかがですか 2(3/3 ページ)

[川乃もりや,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 マスコミが大げさに報道するので、「コンビニがドーナツを制覇した」といった印象をもっている人もいるかもしれないが、現実はどうだろうか。物珍しさもあって今は好調かもしれないが、チキンのときのように、味に不満を感じた人が増えるとドーナツ離れが加速する可能性はある。

ミスドのダブルチョコレート(左)、セブンのダブルチョコドーナツ(右)

 現状のドーナツはコーヒーなどの「お茶菓子」という位置付けで販売されている。オペレーションに負荷のかかる店内調理を進めていくには、いまだ障壁が高いとみている。特に、従業員の負担は計り知れない。慢性的に人手不足に悩んでいるので、店内調理の導入は物理的に難しいはずだ。

 ということは、ミスタードーナツの売り上げはどうなるか。直近の数字をみると、値上げなどの効果もあって1店1日当たりの売り上げは0.1%伸びているが、店舗数の減少によって総売上は1.0%も落ち込んでいる。チキンのときのようにしばらくは落ち込むかもしれないが、数年後は盛り返すのではないだろうか。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -