ITmedia NEWS >
速報
» 2004年04月23日 08時41分 公開

MS、売上増も訴訟関連経費増大

Microsoftの1〜3月期決算は、売上高が前年同期比17%増の91億8000万ドル、純利益は13億2000万ドルとなった。前年同期の純利益は21億4000万ドルだった。今回の業績には、Sun Microsystemsとの和解および欧州委員会に科せられた罰金などの経費が含まれる。

[ITmedia]

 米Microsoftが4月22日発表した同社第3四半期(1〜3月期)決算は、売上高が前年同期比17%増の91億8000万ドル、純利益は13億2000万ドル(1株当たり12セント)となった。前年同期の純利益は21億4000万ドルだった。

 今回の業績には、ストックオプション見直しに伴う1株当たり5セントの費用と、Sun Microsystemsとの和解および欧州委員会に科せられた罰金に伴う経費同17セントが含まれる。これを除外すると、1株利益は34セントでアナリストの事前予測を上回っていた。

 インフォメーションワーカー部門の収益はOfficeの堅調な売れ行きに支えられて18%増。昨年10月に発売されたOffice 2003の小売りライセンス販売は、Office XPが最初の5カ月で上げた売り上げの倍を記録した。Office OEMの売り上げもOffice 2003の普及が進んだことから35%増となった。

 サーバ&ツール部門はWindows、Exchange、SQL Server、Visual Studioの需要が堅調で19%増。Windows Server 2003の新規ライセンスは31%増加した。

 MSNは広告事業が堅調に推移していることから16%の売上増。広告収入は43%の伸びを示した。

 4〜6月期の業績見通しは、売上高が89億〜90億ドル、1株利益は約23セントを予測。2005年6月までの通年の業績は売上高が378億〜382億ドル、1株利益は1.16〜1.18ドルを予想している。

 ジョン・コナーズCFOは発表文で「今四半期はすべての事業で予想通りか予想を上回る業績を上げた。全般的な企業のIT投資も回復基調が続き、当社の会計年度を通じて堅調な需要が続くと見込んでいる」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.