ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年07月01日 09時27分 UPDATE

OSDL、大学向けメンバーシッププログラムを創設

OSDLは、高等教育機関をOSDLメンバーとして認定する取り組みとして、新しいメンバー制度を発表した。

[ITmedia]

 米OSDLは、高等教育機関をOSDLメンバーとして認定する取り組みとして、新しいメンバー制度を発表した。商用Linuxベンダー各社とアカデミックなLinuxコミュニティが、ともにアイデアを共有し、共通の課題を解決できるフォーラムを提供することを目的としたもの。

 新しいプログラムは、Linuxの研究・開発に興味を持つ専門学校や大学からメンバーを勧誘するために考案されたもので、東京工科大学と早稲田大学、および、マリスト大学、オレゴン州立大学、ポートランド州立大学、スタンフォード大学の米国4校が最初に参加する。

 資格認定された大学は、OSDLにアフィリエイトメンバーとして参加し、キャリアグレードLinux(CGL)、データセンターLinux(DCL)、およびデスクトップLinuxの各ワーキンググループをはじめとするさまざまな取り組みに、OSDLの企業メンバーとともに参加可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.