ITmedia NEWS >
速報
» 2004年07月08日 09時05分 公開

相次ぐ業績見通し引き下げ、SiebelとBMCも

両社とも、顧客の購入決定が遅れたことを業績予測を引き下げた原因として挙げている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Siebel Systemsは7月7日、4〜6月期の売上高が「予想外の購入決定の遅れ」により、アナリスト予測を約5000万ドル下回る見通しであることを明らかにした。

 Thomson First Callのまとめたアナリスト予測では、同四半期の売上高は3億5300万ドルの見通しとなっていた。Siebelは現在、発表文の中で売上高を約3億100万ドルと予測している。同社の決算発表は7月21日の予定。

 同社はこの成果を「期待外れ」としているが、発表文では下方修正の具体的な理由を詳細に明かしていない。

 これとは別に7日、BMC Softwareも4〜6月期の業績が予測に満たないだろうとの警告を発した。

 同社は同四半期の売上高を「3億4500万〜3億5500万ドル」と予測していたが、これを「3億1800万〜3億2800万ドル」に引き下げたことを発表文で明らかにした。同社の決算報告は27日に予定されている。

 同社は、下方修正の原因は「主に米国の比較的大口の顧客の間で、購入決定が遅れた」ことにあると発表文で述べている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.