ITmedia NEWS >
速報
» 2004年10月26日 18時27分 公開

シャープ、初の1/1.8インチ800万画素CCDを発売

1/1.8インチ有効約829万画素CCDを来年1月から量産。コンパクト機も800万画素化が進みそうだ。

[ITmedia]

 シャープは10月26日、1/1.8インチで有効約829万画素のCCDを開発、来年1月から量産出荷すると発表した。同サイズの800万画素品は初。来年以降、コンパクト機で800万画素化が進みそうだ。

 コンパクト機で主流の1/1.8インチサイズで高画素化。現在の光学系をそのまま流用できるため、既存機種をベースにした高画素化が容易だ。

 総画素数は850万画素で、画素ピッチは2.2μメートル。フィルターは原色。記録画像サイズは3320×2496ピクセルとなる。640×480ピクセル(VGA)サイズで毎秒30枚の動画撮影も可能だ。

 サンプル価格は8400円(税込み)。量産規模は月産20万個の予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.