ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2004年11月16日 18時31分 UPDATE

MS製ソフトの違法コピーを販売した豪州業者に160万豪ドルの賠償

[IDG Japan]
IDG

 Microsoftは偽ソフトウェア撲滅キャンペーンにより、オーストラリアのリセラー2社を提訴することに成功した。

 TYN Electronicsは100万オーストラリアドルをソフトウェアの損害賠償金としてオーストラリア連邦裁判所に支払うよう命じられた。旧社名はAPD Internationalといい、Microsoft製ソフトウェアの違法コピー数千本を2002年に同社が販売した新規システムに付属させたという。

 Harmony Telecommunications and Business Equipmentとそのディレクターであるアール・デイビスは中古コンピュータにMicrosoft製ソフトウェアを組み込み、1999年9月から2002年6月までに60万オーストラリアドルの損害を与えたとされている。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.