ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年11月19日 16時15分 UPDATE

ユーリード、アプリックスと販売契約を締結──「WinCDR」に「MovieWriter」を搭載

ユーリードシステムズはアプリックスと販売契約を締結、アプリックス製CD/DVDライティングソフト「WinCDR」の最新版を12月3日に発売する。

[ITmedia]

 ユーリードシステムズは、アプリックス製CD/DVDライティングソフト「WinCDR」のパッケージ販売契約を締結するとともに、同ソフトにDVDオーサリング機能やDVD圧縮機能、バックアップ機能、ビデオ編集機能などを追加した「WinCDR 8.5」を12月3日に発売する。価格は1万290円(税込み)。

mk_wincdr85.jpg DVDオーサリング機能などを追加した「WinCDR 8.5」

 同ソフトは、ユーリード製DVDオーサリングソフト「DVD MovieWriter 3.5 SE」を搭載。同ソフトの高度なオーサリング機能や豊富なテンプレートを使用して、本格的なDVDビデオを作成できる。3ステップで簡単にビデオ編集できるVideoStudioおまかせモードも搭載した。片面2層DVD+R(DVD+R DL)への書き込みにも対応する。

 対応OSはWindows XP/2000。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.