ITmedia NEWS >
速報
» 2004年11月25日 14時53分 UPDATE

日立、着衣の輝度比から人物を追跡するビルセキュリティ

[ITmedia]

 日立製作所はこのほど、監視カメラで撮影した人物の着衣の輝度比から特定人物を判別し、移動経路を推定するビル用セキュリティ技術を開発した。ビルに入る際の認証手続きを簡素化しながら、許可された区域では自由に移動できる監視システムを構成可能だ。

 監視カメラの映像から人物像を切り出し、上半身と下半身の着衣の輝度比で人物を特定する技術を開発した。各カメラからの情報は、移動経路追跡用コンピュータで相互比較。特定人物の移動経路を追跡する。

 輝度比の判定は、人物の姿勢やカメラの向き、照明、外光の変化などに影響されにくいという。衣服の色が似た人の場合、各カメラ間への到達距離が合理的かどうかを判断して識別する。

 同社は、同技術を活用したビルセキュリティシステムを試作し、基本機能を確認した。実用化に向け、着衣の輝度に加えて色相、人物の移動速度や移動方向などを総合的に評価し、追跡精度を上げる計画だ。

 同技術は、11月25日と26日に品川プリンスホテル(東京)で開かれる日立グループ都市開発ソリューションフェアに出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.