ITmedia NEWS >
速報
» 2004年12月07日 14時35分 公開

自動車の故障をネット経由で予測・診断 IBMが開発

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エムはこのほど、自動車に組み込まれた多数のセンサーから、大量の時系列データを収集してサーバに送信し、故障の原因を突き止めたり故障を防ぐシステム「障害解析ソリューション」の枠組みを試作した。

 空気流量やエンジン回転数、ギア位置など、車内センサーが収集したさまざまなデータを、車内の小型コンピュータに蓄積。ネットワーク経由で診断用サーバに接続してシステムの不具合とその原因を突き止める。

 新開発のデータマイニング技術により各事象の関連度を計算し、障害判定の法則(ロジック)を見つける。診断ロジックの実装技術には、同社サーバのモニタリング技術をもとにした学習・推論コンポーネント技術を採用した。

 同技術が実用化されれば、ディーラーなどで蓄積したデータを自動診断して故障の初期症状を検知可能という。将来は走行中の自動車からネットワーク経由で送られてくるデータを自動診断して故障要因を解析し、ドライバーに伝達してトラブルを回避する、といったことも可能になるという。自動車や船舶、飛行機など乗り物のほか、金融や医療など大量な時系列データを扱う分野へも応用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.