ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年01月14日 19時28分 公開

カノープス、ノートPC向け小型キャプチャーユニット「豆ちゅー」リニューアルキャプチャーユニット

カノープスは、USBバスパワー駆動対応の「豆ちゅー」新モデルなどエントリークラスのTVキャプチャー製品2種を発表した。

[ITmedia]

 カノープスは1月14日、USB接続タイプのTVキャプチャーユニット「豆ちゅーDVD(KTVX1000USB)」およびソフトウェアエンコードタイプの内蔵キャプチャーカード「KTVX1000」を発表、2月上旬より発売する。双方価格はオープンプライス、予想実売価格は9800円前後。

photo 豆ちゅーDVD(KTVX1000USB)

 豆ちゅーDVDは、USBバスパワーにて駆動可能なUSB接続タイプの小型TVキャプチャーユニット。ロッドアンテナ付属により、ノートPCでの用途にとくに向く。「Nero Vision Express 3」がバンドルされ、ワンクリックでTV録画からDVD-Video生成が行える。

photo KTVX1000

 KTVX1000は、ソフトウェアエンコードタイプのPCI内蔵TVキャプチャーカードで同社製品ラインアップにおけるエントリーモデルとなる。豆ちゅーと同じく、ワンクリックでTV録画からDVD-Video生成が行える機能を持つ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.