ITmedia NEWS >
速報
» 2005年01月18日 17時00分 公開

カシオ、ルネサスに半導体実装技術を供与

[ITmedia]

 カシオ計算機は1月18日、同社の半導体実装技術「WLP」(ウエハーレベルパッケージ)をルネサステクノロジにライセンス供与すると発表した。国内半導体メーカーにWLP技術を供与するのは初めて。ルネサスは今後、WLPを同社半導体に積極採用する計画だ。

WLPのウエハー状態(左)と個片化したフラッシュメモリチップ

 ルネサスは、同社半導体を自社でWLP加工し、販売できる。カシオはこれまで、ルネサスの半導体をカシオマイクロニクスでWLP加工し、カシオ製品に搭載してきた。

 WLPは、半導体チップとほぼ同じサイズのパッケージ「CSP」(チップサイズパッケージ)製造用技術で、携帯機器向け半導体に多く採用されている。ウエハー状態のままで銅の再配線、電極端子形成、樹脂封止できるのが特徴だ。

 両社は今回の提携を機に、関係をさらに強化する方針だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.