ITmedia NEWS >
速報
» 2005年02月23日 20時45分 UPDATE

「プリキュア」の収支も瞬時に把握 アニメコンテンツをERP管理

[ITmedia]

 東映アニメーションは2月23日、同社アニメコンテンツの管理から会計まで行うERPパッケージを使った基幹システムを導入したと発表した。同社の各コンテンツが、いつ、どこで、どれだけの収益をあげているかを体系的に把握できるとしている。

 新システムは、独SAPの「mySAP. ERP」と、日本アイ・ビー・エムの「eServer iSeries」を採用し、電通国際情報サービスが構築。1月17日から稼働した。

 コンテンツごとのメディア別・国別の収支管理や、著作権の2次、3次利用の予実管理が可能。原作者など権利者への収益配分を自動計算し、会計に反映させられる。活用頻度の低いコンテンツや、未進出のメディア・国が分かるため、営業戦略立案にも役立つとしている。

 例えば、アニメ「ふたりはプリキュア」なら、TV放送、キャラクター商品、DVDソフト、劇場公開、ネット配信といった各メディアの収支を国ごとに統合して計算可能。合計でどれだけの収益をあげているか、素早く正確に把握できる。

 同社はTVアニメ152作品、劇場アニメ180作品、計約8500本と「日本最大」(同社)のコンテンツを保有。DVDソフトやネット配信、ペイパービューなどさまざまな形で、国内外でコンテンツ提供を行っているため、各コンテンツの収益管理が難しく、経営課題となっていた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.