ITmedia NEWS >
速報
» 2005年08月01日 20時41分 公開

ライブドア無線LANの試験サービス開始

ライブドアの公衆無線LANが試験サービスを開始。10月1日予定の本サービスまでは無料で利用できる。

[ITmedia]

 ライブドアは8月1日、公衆無線LANサービスの試験サービスを始めた。有料サービス開始予定の10月1日まで無料で利用できる。これまで「D-Cubic」としていたサービス名は「livedoor Wireless」に変更した。

 まず東京の新宿区と港区・六本木周辺の合計35カ所でサービスを始めた。

 試験サービスは、有料サービスと同等の機能を無料で利用できる「接続実験」と、利用できる機能を制限した「フリートライアル」の2種類。

 フリートライアルはlivedoorサイト内のみにアクセスを限定しており、メールなどは利用できず、通信区間の接続はセキュリティ対策が施されていない。その分、有料サービス開始後も無料で継続利用できる。

 接続実験への参加には、livedoor IDの取得(無料)と、決済サービス「livedoor ウォレット」へのクレジットカード番号登録が必要。申し込みページからユーザー情報を入力してサインアップし、SS-IDとWEPキーを取得する。

 10月1日以降は月額525円(税込み)が課金される。試験期間中に申し込むと、有料サービス時に必要な初期費用1050円が不要になる。フリートライアルはlivedoor IDの取得のみで参加できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.