ITmedia NEWS >
速報
» 2005年11月04日 16時21分 UPDATE

電力中央研に3TFLOPS「SX-8」導入、スカラー混在型

[ITmedia]

 NECは11月4日、財団法人電力中央研究所に、ベクター型スーパーコンピュータ「SX-8/8A」の納入を開始したと発表した。最大ベクター性能は3.072TFLOPSと、同コンピューターで国内最大規模。最大655GFLOPSのItaniumブレードサーバと混在型のシステムとした。

 SX-8は24台192CPU構成。ブレードサーバ「Express5800/1020Ba」は52台104CPU構成。SX-8は大規模流体解析などに利用し、特に高解像度気候モデルや分子動力学コードを稼働させる予定。ブレードサーバは分散メモリ型スカラー処理用計算機として導入し、分子計算コードを稼働させる。

 電力中央研究所は、電気事業の課題解決を目指して研究に取り組む公益法人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.