ITmedia NEWS >
速報
» 2005年11月09日 21時16分 UPDATE

NTT、通期予測を上方修正 中間は減収減益

[ITmedia]

 NTT(持ち株会社)は11月9日、2006年3月期通期の連結業績予測を上方修正した。マイラインの囲い込み戦略が奏功した上、他社の直収型固定電話サービスの出遅れなどで中間決算が当初予想を上回ったため。修正後の業績予想は以下の通り。

- 前回予想 修正後予想 修正後予想の対前年比
売上高 10兆5900億円 10兆7050億円 0.9%減
営業利益 1兆500億円 1兆1600億円 4.2%減
税引き前利益 1兆800億円 1兆2550億円 27.2%減
純利益 4400億円 5250億円 26.1%減

 同日、9月中間期の連結決算も発表した。売上高は前年同期比1.7%減の5兆2315億円、営業利益は同3.1%減の7634億円、税引き前利益は同7.7%増の8336億円、純利益は同4%減の3307億円。同社の和田紀夫社長は「減収減益の傾向に歯止めがかからない」と話した。

 固定電話は、通話料減少や基本料値下げ、プッシュ回線使用料の廃止で同5.5%減収。携帯電話通話料は、定額制導入などで同2.1%減収だった。携帯端末の販売による収入も同19.8%減。IPやパケット通信料収入は、BフレッツやFOMAが好調で同8.2%伸びた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.