ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月15日 16時52分 UPDATE

MS、企業向けデスクトップ検索ソフトをリリース

Windows Desktop Searchは、コンピュータ内やWebの検索に加え、IT管理者が簡単に導入やカスタマイズ、管理ができる機能を提供する。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月15日、企業向け機能を備えた最新版デスクトップ検索ソフト「Windows Desktop Search」をリリースした。

 同ソフトは電子メールやアドレス帳、写真、文書、ビデオなどコンピュータ内のほとんどのファイルを検索できる。ユーザーはWindowsタスクバーに常駐するWindows Deskbarから、デスクトップの検索に加え、Webやイントラネットの検索も実行できる。

 さらに同ソフトは企業のIT管理者向けに、社内のユーザーのデスクトップ検索を簡単にカスタマイズ、導入、管理できる機能を搭載するとMicrosoftは説明している。

 例えば、WDSは「Microsoft System Management Server」をサポートし、IT管理者はほかのWindowsコンポーネントと同様にWDSをパッケージインストーラ経由で配布したり、アップデートをコントロールできる。

 また同ソフトは「Windows Group Policy」やマルチユーザー環境もサポートする。デスクトップ検索APIを使って、検索結果をほかのビジネスアプリケーションに取り込むことも可能だ。

 Microsoftは5月に、PC内とWebを検索できるコンシューマー向けツール「MSN Search Toolbar with Windows Desktop Search」をリリース。このとき、企業環境向けデスクトップ検索製品の開発を明らかにしていた(5月16日の記事参照)

 WDSは英語のほかフランス語、ドイツ語、日本語、韓国語、中国語などに対応。無料でダウンロードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.