ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2005年11月18日 08時35分 UPDATE

MS、ビジネスソリューション事業部の責任者募集

Microsoftはビジネスソリューション事業部責任者を務めていたバーガム氏をエバンジェリスト職に昇格させ、後任の責任者探しを行っている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Microsoftは11月17日、ビジネスソリューション事業部(MBS)の上級副社長、ダグ・バーガム氏をエバンジェリスト的なポストに就かせ、同事業部の新しい責任者探しを行っていることを明らかにした。

 バーガム氏は新設ポストのビジネスソリューション事業部会長に就任。引き続き、ビジネス部門社長ジェフ・レイクス氏の直属となる。

 Microsoftはバーガム氏の前職の後任となる幹部を公式に探している。この職もレイクス氏の直属ポスト。バーガム氏は今後もMBSを率い、オーランド・アヤラ氏はMBS担当COO(最高執行責任者)兼世界中小市場ソリューション/パートナー事業部担当上級副社長にとどまる。

 同社によれば、バーガム氏は新しい職務の下、企業経営者や顧客、パートナー、独立系ソフトベンダーと直接連携して、MicrosoftのDynamicsシリーズに関する情報、およびMicrosoftのビジネスソフトとサービスの価値を広く知ってもらう役割を担う。また、Microsoftの次世代ビジネスアプリケーションで鍵を握るロールベースのソフトデザインの価値、およびビジネスプロセスと事務用アプリケーションを組み合わせてビジネスワーカーの効率を高める方法についても知識の普及に努める。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.