ITmedia NEWS >
速報
» 2005年11月18日 21時35分 UPDATE

1000台規模クラスターの停止時間を10秒未満に NECが高速回復技術

[ITmedia]

 NECは11月18日、サーバ1000台クラスの大規模クラスターの障害を高速かつ低コストに回復する技術を開発したと発表した。

 プロセスの高速復元方式と障害を短時間に発見する方式を開発し、Linuxによる同規模のクラスターの障害1回当たりの停止時間を10秒未満に短縮する。電子政府やショッピングモールなど、生活インフラの信頼性を向上できるとしている。

 開発した「高速リカバリ技術」では、プロセスリプリケーション方式を改良し、メモリ使用量を1/3〜1/10に削減。プロセスの複製を置くために必要なコンピュータの数を減らせる上、復旧は数秒で行えるようにした。クラスター監視方式も改良し、1台の監視サーバで数秒以内の障害発見が可能になった。

 研究成果は、18日まで都内で開かれた研究の委託元である新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の展示会で披露した。またクラスター監視方式を12月7〜9日の「C&Cユーザフォーラム&iEXPO2005」(東京ビッグサイト)で動態展示する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.