ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年01月06日 09時00分 公開

CCDの発明者がCharles Stark Draper賞受賞

米ベル研究所でCCD技術を発明したウィラード・ボイル、ジョージ・スミス両氏が、Charles Stark Draper Prizeを受賞した。

[ITmedia]

 米ベル研究所でCCD技術を発明したウィラード・ボイル、ジョージ・スミス両氏が、技術工学のノーベル賞と言われるCharles Stark Draper Prizeの今年の受賞者に選ばれた。

 Lucent Technologiesの発表によると、両氏はベル研究所で1969年に初のCCDを開発。1970年までに世界初のソリッドステートビデオカメラにCCDを組み込み、1975年にはテレビ放送用に画質を向上させた初のCCDカメラのデモを実施した。

 現在ではCCDは、デジタルカメラやバーコードスキャナ、コピー機などのイメージング機器のほか、医療機器や天文学の分野でも広く活用されている。

 授賞式は2月21日に行われ、両氏に賞金50万ドルが授与される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.