ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年02月28日 08時34分 公開

米国のブロードバンド普及率、都市と地方の差は縮小

2005年末現在、自宅でブロードバンド接続を利用しているのは地方在住者の24%に対し、都市圏では39%だったが、この差は過去2年で縮まっている。

[ITmedia]

 米国の地方都市は都市圏に比べてブロードバンド普及率で遅れを取っているが、その差は縮小していることが、調査機関Pew Internet & American Life Projectの調査で分かった。

 2005年末現在、自宅でブロードバンド接続を利用しているのは地方在住者の24%に対し、都市圏では39%。ただ、この差は過去2年で縮まっている。2003年の時点では地方在住者のブロードバンド利用は9%のみで、都市圏の22%の半分に満たなかった。

 接続形態・場所を問わない全般的なインターネット利用では、2005年末現在の地方での浸透率は62%で、都市圏の70%を8ポイント下回ったが、この差は2003年の半分に縮まった。

 ブロードバンド普及率が都市圏に比べて低い結果、地方では平均してインターネットの利用頻度が低く、インターネットを使った活動の数も少ないと報告書は分析。しかし、ブロードバンドユーザーの間で比べると、居住地による違いは基本的にないと解説している。

 地方と都市圏で差が生まれる一因は、家庭向けの高速接続サービスの有無にあると報告書は指摘。2004年2月の調査でダイヤルアップを利用しているユーザーに、自宅で利用できるブロードバンドサービスが提供されているかどうかを尋ねたところ、全ユーザーの平均では58%が「ある」と答え、「ない」と答えたのは15%だったが、地方在住者では「ある」が38%、「ない」が27%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.