ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2006年03月03日 08時35分 UPDATE

台湾メーカー、ノートPC用の燃料電池をCeBITに出展

台湾のAntig TechnologyとAVCは、「世界初の商用ノートPC向け燃料電池」をCeBITに出展する。年内に出荷の見通しだという。

[ITmedia]

 台湾のAntig TechnologyとAVCは、ノートPC用の燃料電池を世界で初めて商用化し、独ハノーバーで開かれるCeBITに出展すると発表した。

 AVCではAntigのSoC PCB燃料電池モジュール技術を使い、自社の技術と組み合わせてCD-ROMサイズの燃料電池パックを開発。メタノール燃料で稼働し、メディアベイスロットを使ってノートPCに装着する。信頼性が高く、世界で最も競争力の高い価格になるとしている。

yu_fuel1.jpgyu_fuel2.jpg CD-ROMサイズの燃料電池パック。ノートPCのスロットに装着できる

 また、メタノール燃料を使った携帯電源システムも併せて展示する予定。重さ1.7キロで45ワットの電力を供給、メタノールカートリッジ1個でノートPCを8時間利用できるという。

 燃料電池製品は既にシステムメーカー数社との間でODM(相手先ブランド設計製造)プロジェクトが進んでおり、年内に出荷される見通しだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.