ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年06月17日 07時31分 公開

Adobe、Macromedia買収で減益、通期目標を下方修正

Adobeの3〜5月期決算は売上高が前年同期比28%増となったが目標には届かず、純利益はMacromedia買収経費の影響で減少した。

[ITmedia]

 米Adobe Systemsが6月15日発表した同社第2四半期(3〜5月期)決算は、昨年12月に買収したMacromediaの業績と合わせ、売上高が6億3550万ドルとなった。Macromedia買収前の前年同期の売上高4億9600万ドルに比べると28%の増収となるが、目標としていた6億4000万〜6億7000万ドルには届かなかった。

 純利益は1億2310万ドル(1株当たり20セント)となり、前年同期の1億4980万ドル(同29セント)から減益となった。Macromedia買収関連経費を除いた非GAAPベースでは1億8940万ドルとなり、前年同期の1億4290万ドルに比べて増益となる。

 2006年通期の業績予想は下方修正され、売上高が25億4000万〜26億ドル、1株利益は70〜76セントとした。これまでの予想では売上高およそ27億ドル、1株利益は74〜82セントを見込んでいた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.