ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年07月18日 08時20分 UPDATE

Movielinkでダウンロードした映画をDVDに記録

MovielinkはSonic Solutionsの技術をライセンスし、ユーザーがダウンロードした映画をディスクに記録して標準的なDVDプレーヤーで再生できるようにする。

[ITmedia]

 ブロードバンドビデオオンデマンドサービスの米Movielinkは7月17日、Sonic SolutionsのDVDオンデマンド技術をライセンスし、ユーザーがダウンロードした映画をDVDに記録できるようにすると発表した。

 コンテンツ提供側の許可が得られた作品について、ユーザーがダウンロードした映画を保護されたフォーマットでDVDに記録し、標準的なDVDプレーヤーで再生できるようにする。

 SonicはDVDフォーマット/記録ソフトの提供企業。同社のAuthorScript DVDエンジンを組み込んだソフトアプリケーションは、PC向けに2億5000万本以上が配布されている。MovielinkがライセンスするのはAuthorScriptの新モジュール「AuthorScript DVD on Deman」。これはダウンロードしたコンテンツをセキュアにエクスポートするためのDRMゲートウェイ、映画会社認可のコピー防止技術をDVDに適用するためのExtensible Media Protection Architecture(XMPA)などで構成される。

 両社は相互マーケティングでも協力し、SonicはOEMと小売り経由で配布しているDVD記録ソフトの「Roxio CinePlayer」などにMovielinkのサービスを組み込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.