ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2006年08月02日 07時49分 UPDATE

Apple、Safariの修正などパッチ提供

Safariの脆弱性が報告されたばかりのAppleが、ソフトウェアアップデートをリリースした。

[ITmedia]

 米Apple Computerは8月1日、「Security Update 2006-004」を公開した。Safariのブラウザ中核技術であるWebKitの修正などが施されている。Mac OS Xのソフトウェアアップデート機能でシステムを更新できる。単体ダウンロードも提供。

 セキュリティ企業数社から、Safariの未パッチの脆弱性について報告されていた。ただし、今回のパッチではこの脆弱性修正は行われていないもよう。

 Appleは、このほかにAFP Server、Bluetooth、Bom、DHCP、dyld、fetchmail、gnuzip、ImageIO、LaunchServices、OpenSSH、telnetの信頼性とセキュリティの強化を実施したと説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.