ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月07日 16時23分 公開

ドワンゴ、最終赤字に転落へ

[ITmedia]

 ドワンゴは8月7日、2006年9月期連結業績予想を下方修正し、最終損益が10億円の赤字になる見通しだと発表した。従来予想は1億7000万円の黒字だった。ポータルサイトの事業化が来期以降にずれ込むことで減収を見込む上、テレビCMなどの費用もかさむため。

ドワンゴの株価チャートドワンゴの株価チャート(1年:縦軸の単位は1000円)

 修正後の連結業績予想は、売上高が197億円(前回予想は218億円)、経常損益は2億円の赤字(同18億円の黒字)。

 期待している総合ポータルサイトの構築と事業化が来期初旬以降にずれ込み、売上高で広告収入が12億円減、モバイルコンテンツ事業が4億円減、ゲーム事業で販売タイトルの来期ずれ込みで4億円減に。

 競争が激化している「着うた」「着うたフル」サービスで、ユーザー拡大に向けた新曲の先行配信やテレビCMなどの費用を戦略的先行投資コストとして17億円上積みした。「携帯音楽配信における絶対的な地位の確立、他社との差別化、エイベックスと掲げるビジョンを具現化するための必要不可欠な投資」としている。

 配当は前回予想から変えず、年間2000円の予定。

 同社は2月に業務・資本提携を発表。エイベックスネットワークスが運営している携帯サイトのドワンゴへの移管や、着うた・着うたフルの制作一元化によるコストダウンなどを図っているとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.