ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年08月22日 07時02分 UPDATE

動画共有サイトGUBA、映画販売の値下げを発表

新作映画が従来の約半額、1本9.99ドルでダウンロードできるようになる。サービスは米国内が対象。

[ITmedia]

 動画共有サイトの米GUBAは8月21日、同社の映画/テレビ番組ダウンロード販売サービスの値下げを発表した。これにより、新作映画は1本19.99ドルから9.99ドルに値下げ。旧作映画は1本4.99ドル、テレビ番組は1エピソード当たり0.49ドルでダウンロード可能となる。映画のレンタルは1本0.49ドルとなった。

 GUBAは、映画のオンライン販売で米Warner Bros. Entertainment、米Sony Pictures Home Entertainmentと提携している。

 GUBAはMicrosoftのデジタル権利管理(DRM)ソフトを採用しており、映画の再生にはWindows Media DRM対応機器が必要で、ダウンロードした映画をDVDに焼くことはできない。また、このサービスの利用は米国内のユーザーに限られている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.