ITmedia NEWS >
ニュース
» 2006年08月29日 20時40分 公開

Windows Live ガジェットSDKに日本語版

[ITmedia]

 マイクロソフトはこのほど、Windows Live ガジェットを開発するためのキット(SDK)の日本語版を公開した。無償でダウンロードできる。

 ガジェットは各種のミニアプリケーション。「Visual Web Developer 2005 Express Edition 日本語版」と合わせて使えば、無償でガジェットを開発可能になる。Windows Live ガジェットはAjax(Asynchronous JavaScript+XML)やRSSを利用しているが、SDKを利用することで開発が容易になるとしている。

 開発者向けサイトのMSDNには「Windows Live Developer Center日本語版」をオープン。Windows Liveが提供する検索機能やメッセンジャー機能などをアプリケーションに組み込んで利用する方法を紹介している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.