ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2006年12月13日 20時35分 公開

三洋エプソン、エプソンの完全子会社に 三洋が株式譲渡

三洋電機とセイコーエプソンは12月13日、両者の液晶事業合弁会社・三洋エプソンイメージングデバイスを12月28日付けでセイコーエプソンの完全子会社にすると発表した。

[ITmedia]
三洋電機の株価チャート三洋電機の株価チャート(1年:縦軸の単位は円)セイコーエプソンの株価チャートセイコーエプソンの株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 三洋電機とセイコーエプソンは12月13日、両者の液晶事業合弁会社・三洋エプソンイメージングデバイスを12月28日付けでセイコーエプソンの完全子会社にすると発表した。三洋エプソンには三洋が45%、セイコーエプソンが55%出資しているが、三洋が全株をセイコーエプソンに譲渡する。

 三洋エプソンは、三洋とセイコーエプソンの液晶パネル部門を統合し、携帯機器向け中・小型パネル分野でトップ企業を目指すとして2004年10月に設立された(関連記事参照)。だが同市場の競争が激化し、当初見込んだ事業計画の達成に遅れが生じているという。

 セイコーエプソンは、完全子会社化によって経営の効率化やスピードアップを図る狙い。譲渡後三洋エプソンは「エプソンイメージングデバイス」(仮称)と改名する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.