ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年01月11日 08時26分 UPDATE

AMD、SFFモデルPCを支援するDTXオープン規格を開発

スモールフォームファクター(SFF)PCを推進するため、AMDがオープン規格「DTX」策定に乗り出した。

[ITmedia]

 米AMDは1月10日、スモールフォームファクター(SFF)PCのオープン規格「DTX」を開発したと発表した。DTX規格は既存のATXインフラを生かしつつ、OEMおよびODM(相手先ブランドによる設計・製造企業)、部品メーカーがより迅速に、SFFモデルPCに対応した小型、静音の製品を低コストで開発できるようにするのが狙い。DTX仕様は2007年第1四半期中にAMDのサイトで公開される予定。

 AMDによると、DTX規格のマザーボードは、従来のプリント基板製造パネル1枚につき最高4枚、Mini-DTX規格マザーボードであれば最高6枚が製造可能で、DTX準拠マザーボードは最低4層のプリント基板で製造できる。またATXインフラとの下位互換性により、DTX製品の開発投資を低く抑えられるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.