ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2007年01月12日 07時33分 公開

Sprint、スクールバス追跡システムを発表

スクールバスの安全を守るためのGPS追跡システムに、Sprintが協力する。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelは1月11日、スクールバスの位置を追跡するGPSシステム「iX-3」を発表した。同システムの設計を担当したのはSprintの提携先であるEveryday Wirelessで、SprintのNextel National Network上で動作する。Motorolaのio270モジュールを採用、パケット通信とPush-to-Talkが可能。

 iX-3は10秒置きにバスの位置を捕捉、学校区側に知らせる。またオプションで、生徒の乗降確認システムもある。これは生徒がバスに乗車、下車した時間と場所を把握する仕組みで、万一生徒が設定と違う場所で下車した場合、自動的に警告が送信される。また学校側が州や政府から提出を求められた際に対応できるよう、生徒の乗降報告書も自動的に作成される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.