ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年01月24日 08時32分 公開

Sun黒字転換、サーバやSolarisが好調

Sun Microsystemsの10〜12月期決算は、前年同期比7%の増収。黒字転換を果たした。また、米投資会社KKRから7億ドルの出資を受けることも併せて発表した。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsが1月23日発表した同社第2四半期(10〜12月期)の決算は、売上高は35億6600万ドルで前年同期比7%増、純利益は1億2600万ドル(1株当たり3セント)と、黒字転換を果たした。前年同期の最終損益は2億2300万ドルの赤字だった。

 「Sunの今期の業績は、われわれの戦略と統制の成果の表れ」とジョナサン・シュワルツCEO。Solaris 10がより広く採用されていることに加え、SPARCおよびx64サーバの売り上げが好調だったという。

 Sunはまた、米投資会社のKohlberg Kravis Roberts & Co.(KKR)から、7億ドルの出資を受けることも併せて発表した。KKRの出資は、Sunが発行する転換社債を引き受けるという形で行われる。出資に伴いKKRは、Sunの取締役を1人指名するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.