ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年01月25日 22時29分 公開

リコー、IBMからデジタル印刷機事業を買収

IBMのデジタル印刷機事業をリコーが買収することで合意。リコーは買収で同分野の世界トップレベルに浮上する。

[ITmedia]

 リコーと米IBMは1月25日、リコーがIBMのデジタル印刷機事業を買収することで基本合意したと発表した。買収額は総額7億2500万ドル。IBMの同事業売上高は約10億ドルで、リコーは買収で同分野で世界トップレベルに浮上する見通しだ。

 IBMのプリンティング・システム事業部をベースにした共同出資の新会社「InfoPrint Solutions Company」(米国コロラド州)を今年4〜6月期に設立し、リコーが51%、IBMが49%を出資。設立から3年間でリコーが完全子会社化する形で買収する。

 リコーの主力は世界で展開する複写機事業だが、2004年に日立製作所子会社を買収してデジタル印刷機事業に参入し(関連記事参照)、売上高は約600億円。同市場の成長を見込み、IBMからの事業買収で世界展開する体制を整える。

 IBMはHDD事業を日立に売却するなど。ソフトやソリューション事業への集中を継続的に進めており、今回の売却もその一環。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.