ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年03月28日 09時54分 UPDATE

Trend Micro、サイト信頼性チェック技術でWebの脅威に対抗

信頼できるサイトかどうかを閲覧前にチェックするWebレピュテーション技術とURLフィルタを組み合わせ、Webの脅威に対抗する。

[ITmedia]

 セキュリティソフトメーカーのTrend Microは、Webを使った攻撃の増加に対応し、複数層の防御を提供する新戦略「Total Web Threat Protection」を発表した。

 この一環として、Webレピュテーション(評判)技術を新たに導入。同社のドメイン評価データベースを活用し、信頼できるサイトかどうかを閲覧前にチェックする。

 最近はWeb経由でマルウェアに感染するケースが増大し、電子メールとWeb経由のダウンロードを組み合わせた攻撃手法が取られることも多いとTrend Microは解説。こうした脅威に対抗し、情報流出やなりすましのリスクを低減するためには、Webサイトの評判に基づくソリューションと、URLフィルタリングを組み合わせる必要があると説明している。

 企業向け製品ではまず、現在β版を公開中の「OfficeScan 8.0」にWebレピュテーション技術を搭載予定。

 コンシューマー向けにはソーシャルネットワーキングサイト(SNS)人気に伴うリスク増大に対応して、Webの脅威に対抗するレピュテーションサービスの「TrendProtect」を発表している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.