ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年04月19日 07時40分 公開

Motorola、モバイル・デバイス部門不振で赤字

Motorolaの1〜3月期決算は、モバイル・デバイス部門の売り上げ減少が響き、売上高は前年同期比2%減。最終損益は1億8100万ドルの赤字を計上している。

[ITmedia]

 米Motorolaが4月18日発表した第1四半期(1〜3月期)決算は、モバイル・デバイス部門の不振を反映し、売上高は94億3300万ドルで前年同期比2%減。最終損益は1億8100万ドル(1株当たり8セント)の赤字となった。前年同期は、6億8600万ドルの純利益を計上していた。

 最終損益には、企業買収関連経費や法務関連費用、リストラ経費などが含まれ、こうした特殊要因が、1株当たり純利益を約11セント押し下げたという。

 Motorolaは3月21日に、1〜3月期の業績予想を売上高92億〜93億ドル、最終損益を1株当たり7〜9セントの赤字に下方修正していた。

 モバイル・デバイス部門の売上高は、前年同期を15%下回る54億1200万ドル。特に新興市場や欧州での販売が振るわず、同四半期中の携帯端末の出荷台数は4540万台にとどまり、シェアは前期末の約23.3%から、17.5%程度に下がったとみている。同部門では、2億6000万ドルの営業損失を計上している。

 一方、ネットワークス・エンタープライズ部門とコネクテッド・ホーム・ソリューション部門は好調で、売上高を前年同期からそれぞれ20%、42%伸ばした。

 今後の見通しについてMotorolaでは、4〜6月期の売上高を1〜3月期並みとみている。モバイル・デバイス部門は下半期を通じて徐々に業績を回復し、通年では黒字となる見通しだとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.