ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年05月07日 15時11分 UPDATE

MS、「Windows Live Hotmail」を発表

MSN Hotmailの後継版「Windows Live Hotmail」は、メールの危険度を表示するセーフティバーなどのセキュリティ機能が加わり、モバイル対応も進んでいる。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月6日(米国時間)、MSN Hotmailの後継となるWebメールサービス「Windows Live Hotmail」を発表した。

 同サービスは7日から提供開始され、http://www.hotmail.comでアカウントを登録できる。MSN Hotmailユーザーは自分のアカウントにログインして緑の「Join Windows Live Hotmail」ボタンをクリックすれば、Live Hotmailにアップグレードできる。

 Live Hotmailは右クリックやドラッグ&ドロップ、プレビューペインのカスタマイズなどOutlookにより近くなっている。ユーザーはMSN Hotmailに似たクラシック版と、高度な機能が使えるOutlookのようなフルバージョンの2つのインタフェースを選べる。

 またWindows Live Messengerのメンバーリストと連係し、受信ボックスから友人がオンラインかどうかを確認できる。メールボックスの容量は初め2Gバイトで、ニーズに合わせて容量を拡大するという。

 セキュリティも強化され、メールが受信ボックスに届いたときに、そのステータスを表示するセーフティバーが追加された。既知の送信者の場合は白、知らない送信者の場合は黄色、詐欺の可能性がある場合は赤になる。スパム対策も改善され、「mark as unsafe」をクリックすると迷惑メールは自動的に削除され、後で同じ送信者からメールが来ても遮断される。

 また月内には新しい「Microsoft Office Outlook Connector」のβ版が11カ国語でリリースされる。このプログラムを使うと、Outlook 2003または2007から無料でLive Hotmailのアカウントにアクセスできる。

 モバイル対応も進み、モバイル向けLive Hotmail(http://mobile.live.com)を使って携帯電話やPDAから電子メールにアクセスできる。Windows Mobile 6のリリースに合わせて、「Windows Live for Windows Mobile」も提供開始される予定。

 さらに数週間以内にLive Hotmail対応の無料電子メールクライアント「Windows Live Mail」がリリースされる。これはOutlook ExpressおよびWindows VistaのWindows Mailの後継となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.