ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年05月24日 08時13分 公開

Pandoraの音楽サービス、Sprintの携帯に登場

好みの曲を流してくれる音楽サービス「Pandora」が、Sprintの携帯で利用できるようになった。

[ITmedia]

 米Sprint Nextelは5月23日、米Pandora Mediaの音楽サービス「Pandora」を、一部の携帯端末で提供開始したと発表した。携帯端末でPandoraのサービスを提供するのは、Sprintが初めて。

 Pandoraは、ユーザーの好みに合わせた曲を配信するオンライン音楽サービス。ユーザーが好きな曲やアーティスト名を入力すると、Pandoraの「Music Genome Project」システムが入力情報の特徴を分析、傾向の似た曲を次々に配信する。ユーザーは、パーソナライズしたラジオ局を100局保存することができる。

 Sprintが提供するPandoraサービス「Pandora on Sprint」では、演奏中の楽曲の情報は携帯端末の画面に表示され、配信された曲の情報をさかのぼって確認することも可能。その曲を好きかどうかのフィードバックもでき、Pandoraの選曲に反映させることができる。曲のスキップや一時停止も可能。気になる曲は「ブックマーク」しておき、後でSprint Music Storeから直接携帯端末にダウンロード購入できる。ユーザーは、PandoraのサービスをSprint携帯だけでなく、Webサイトからも利用できる。

 Sprintは、Pandora on Sprintサービスを「Sprint Power Vision」の一部機種(LGのFUSIC、SamsungのA900およびA920、三洋の7500および8400)で提供開始。6月末までには、Sprint Power Visionのすべての機種でサービスを提供する予定。利用料金は月額2.99ドル(Power Visionデータプラン料金は別途必要)。30日間の無料トライアルも提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.