ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年10月04日 18時54分 UPDATE

カシオ、通期予想を大幅下方修正 携帯が不振に

5期連続の最高益を見込んでいたカシオが一転、今期は減収減益に転じる見通し。これまで好調だった携帯電話の国内シェアが低下している。

[ITmedia]

 カシオ計算機は10月4日、2007年3月期の連結業績予想を修正し、営業利益が前回予想から160億円減の370億円にとどまる見通しだと発表した。携帯電話の国内シェア低下などが響き、前期比で減収減益に転じる見通しになった。

カシオ計算機の株価チャートカシオ計算機の株価チャート(1年:縦軸の単位は円)

 修正後予想は、売上高が6100億円(前回予想比400億円減)、経常利益が310億円(同170億円減)、純利益が170億円(同110億円減)。前期実績は売上高6207億円、営業利益480億円、経常利益414億円、純利益251億円。

 中間期、デジタルカメラ、時計、電子辞書は好調だったが、携帯電話が国内の競争激化に加え、一部モデルで部材の調達不足が生じ、売上高は前回予想を下回る見通し。携帯の売上高減少と利益率低下、プロジェクターなどの価格下落から利益も予想から減る見込み。

 下期も、携帯シェアの低下とTFT液晶の価格下落などを考慮し、売上高・営業利益とも前回予想を下回るとして修正する。

 カシオはデジカメ「EXILIM」シリーズやKDDI(au)向け携帯電話の好調などから、前期まで4期連続で最高益を更新していた。

関連キーワード

カシオ計算機 | EXILIM | 下方修正


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.