ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2007年10月17日 19時51分 UPDATE

ネットエージェント、LimeWireによる情報漏えい調査に対応

ネットエージェントは、P2Pネットワーク「LimeWire」と「Cabos」による情報漏えい対策サービスを始めた。

[ITmedia]

 ネットエージェントは10月17日、P2Pネットワーク「LimeWire」による情報漏えい対策サービスを始めたと発表した。

photo LimeWireクローラー画面

 海外を中心に利用されているLimeWireと、LimeWireをベースに採用している日本製ソフト「Cabos」に対応する。ネットワーク全体をクロールし、目的のファイルについて「いつ・誰が・どの情報を」入手したのかを判断できるとしている。

 LimeWireは設定ファイルがテキストファイルになっているため、Winnyなどと同様に暴露ウイルスが悪用しやすい仕組みになっているという。

関連キーワード

ネットエージェント | Winny | 情報漏洩 | P2P


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.