ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年11月02日 08時37分 UPDATE

IBM、セキュリティ事業に本腰――新製品、新サービスを投入

昨年買収したISSが中心となって開発した一連のセキュリティ製品が発表された。

[ITmedia]

 米IBMは11月1日、ITセキュリティの主要5分野、「情報セキュリティ」「脅威・脆弱性対策」「アプリケーションセキュリティ」「IDおよびアクセス管理」「フィジカルセキュリティ」のすべてをカバーする、一連のセキュリティ製品およびサービスを投入することを明らかにした。

 第1弾として、昨年の買収でグローバルテクノロジーサービス部門の1ユニットとなったInternet Security Systems(ISS)が中心となり、IBMリサーチおよびソフトウェア部門、システム部門と協力、リスク管理機能を提供する。ISSはまず、データ検査技術「IBM Proventia Content Analyzer Technology」を開発。これはネットワークを移動するデータパケットを分析、機密データの転送を検知して紛失を最小限に抑えるというもので、侵入検知システムの「Proventia Network Intrusion Prevention System」シリーズに組み込まれる。

 またISSは、主要データセキュリティベンダーと提携、「IBM Data Security Services for Activity Compliance Monitoring and Reporting」「IBM Data Security Services for Endpoint Data Protection」「IBM Data Security Services for Enterprise Content Protection」などの包括的なデータセキュリティサービスを提供する。

 IBMはまた、データインフラにおいて、コンプライアンスに準拠していない行動を追跡、調査、報告するためのデータセキュリティおよびコンプライアンス管理ソリューション「IBM User Compliance Management Software」「IBM QuickStart Services for Tivoli Compliance Insight Manager」「IBM Web Application Security and Compliance Management」を発表した。

関連キーワード

IBM ISS | IBM | セキュリティ | ISS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.