ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年01月30日 08時34分 公開

米マサチューセッツ州、通勤電車で無料Wi-Fiテストを開始

マサチューセッツ州の一部通勤列車で、乗車中でもメール送受信やネット接続が行えるようになる。

[ITmedia]

 米マサチューセッツ州は1月27日、Massachusetts Bay Transportation Authority(MBTA)がウスター駅とボストン南駅を結ぶ通勤線ウスター・フラミンガム線において、乗客に無料Wi-Fiサービスを提供するパイロットプログラムを、月末までに開始すると発表した。

 同プログラムでは、まず上り下りの各電車の最低1車両に無線ルータを設置する。設置される列車は計40列車以上となり、車両に「Wi-Fi対応」の目印が付けられるという。

 ウスター・フラミンガム線は、10地区、17駅を結び、平日の平均乗客数は1万8000人以上。MBTAは、ほかの路線を走る列車にも今後ルータを設置する計画だ。

関連キーワード

通勤時間 | Wi-Fi | 無線LAN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.