ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年05月22日 09時38分 UPDATE

千葉興銀、仮想化技術で営業店サーバを統合 OKIのプラットフォーム導入

千葉興銀は、仮想化技術を活用して営業店サーバをデータセンターのサーバに集約・統合。OKIのプラットフォームを導入した。

[ITmedia]

 沖電気工業は5月21日、千葉興業銀行に、仮想化技術による「サーバ統合プラットフォーム」を納入したと発表した。各営業店にあった76台のサーバを、仮想化によりデータセンターの5台のサーバに集約・統合し、稼働を始めた。

photo

 営業店サーバを仮想化して集約することで、サーバハード更新・維持コストを削減できる上、運用状況に応じた柔軟なリソース配分を行えるプラットフォームとして導入。ブレードサーバ「if Server BL460c」とVMwareをベースに構成した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.