ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2012年03月13日 20時56分 公開

NTT料金業務の統合問題、KDDI・ソフトバンクなど総務相の見解求める

NTTグループによる通信料金の請求・回収業務統合問題で、KDDI、ソフトバンクグループ、イー・アクセスなどが電気通信事業法に基づき意見申出書を総務相に対し提出。

[ITmedia]

 NTTグループによる通信料金の請求・回収業務統合に通信各社が反発している問題で、KDDI、ソフトバンクグループ、イー・アクセスなど大手通信事業者が3月13日、川端達夫総務相に対し見解を示すよう求め、電気通信事業法に基づき意見申出書を提出した。

 NTTグループは金融中核会社のNTTファイナンスに東西地域会社、ドコモ、コミュニケーションズの4社の通信料金請求・回収業務を統合する方針。これに対し、通信各社は「なし崩し的にグループの再統合、独占への回帰を図っているという点で、NTT法の趣旨に反する脱法的行為」と批判し、川端総務相に対し見直しを含む指導を求めていた。

 意見申出書では、NTTの方針が関連法の公正競争要件に違反していると指摘。川端総務相に対し、見解を提示するよう求めている。

 意見申出書はジュピターテレコム、日本ケーブルテレビ連盟を含む7社が全国74社を代表して提出した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.