ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2016年11月04日 16時03分 公開

日本の新聞社も「AI記者」採用!? AIが書いた記事、中部経済新聞の紙面に

米国などの新聞社では、人工知能(AI)が記事を執筆する動きが広がってきているが、日本の新聞にも“AI記者”が書いた記事が載った。

[ITmedia]

 米国など海外の新聞社では、人工知能(AI)が記事を執筆する動きが広がってきているが、日本の新聞にも“AI記者”が書いた記事が載った。中部経済新聞は創刊70周年記念企画として、11月1日付けの紙面に、AIと人間が協力して書いた記事を掲載した

画像

 中部経済新聞の過去記事から、テーマに即した数千文を学習データとして読み込み、人間が箇条書きで記載した記事の流れを元に学習データを自動要約。複数の記事候補を作成した。候補の中から読みやすい記事を人間が選び、大きな誤植、語尾などを人間が修正した。

 記事は以下の通り。

画像

「中部経済新聞」は昭和二十一年十一月一日、焦土とかした市街地にはなお瓦嘩の山がうず高く残る名古屋市内で創刊いたしました。価値観の大転換が迫られる中で、中部の産業経済が大きく立ち上がるためのオピニオンリダーとして経済新聞を発行する大きな目標を掲げての創刊だった。

当時は、どこへ行くにももっぱら2本の足が頼り。だいいち、名刺を出しても相手はけげんな顔つきで対応し、こちらは取材の前に、本紙創刊の趣旨と中部経済圏とのつながりを一席ぶつことがお決まりのコースであった。

このような努カが連日重ねられ、創刊第1号をみんなが手に取って眺めた時の感激は、“筆舌に尽くしがたい”言葉どおりであった。

戦後の食べるだけが精いっぱいの時代から、特需景気から所得倍増による高度成長期、空前の災害をもたらした伊勢湾台風、環境破壊、公害による反省を経て世界を揺るがせた石油ショック、1ドル=70円台まで進んだ超円高で、業績を大きく揺さぶられてきた中部の自動車関連産業。

幾度となく厳しい試練が訪れ、その都度、中部企業は底力を発揮し乗り越えてきた。多くの企業が難局に立ち向かい、モノづくりを持続させるための戦いに挑んでいる。

今日まで七十年、歩み続けて参りました道程は、決して平たんではありませんでしたが、そのつど、正確、公正、迅速な報道への使命感と、みなさまの温かい励ましで今日を迎えることができました。

中部経済新聞は今後も、つねに”地元のお役に”をモットーとして地域経済の現状が把握できる経済情報を集めて、未来像を指し示す努カを続けていく。


 同紙は「新しく面白い情報提供にチャレンジしていく第一歩」として企画。「経済誌、新聞という歴英ある媒体に一石を投じる」のも狙いだったという。AIの開発は、ビットエーとデータセクションが担当した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.