ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年02月27日 21時17分 公開

書籍や文化財のデジタルアーカイブを横断検索 国会図書館が「ジャパンサーチ」試験版公開

書籍や文化財など国内にあるさまざまなコンテンツのデジタルデータを横断検索できるポータルサイト「ジャパンサーチ」の試験版が公開された。

[ITmedia]

 国立国会図書館はこのほど、書籍や文化財など、国内にあるさまざまなコンテンツのデジタルデータを横断検索できるポータルサイト「ジャパンサーチ」の試験版を公開した。博物館や美術館、研究機関などが保有するデータをまとめて検索できる。

photo 「ジャパンサーチ」(試験版)

 さまざまな機関に収蔵されている文化資源を、デジタル情報として保存する「デジタルアーカイブ」を進めるためのサイト。文化財などの所蔵を明らかにしたり、デジタルコンテンツの活用や共有を促したりする狙いもある。

photo ジャパンサーチの構想(実務者検討委員会の「第一次中間とりまとめ」より)

 試験版では、国立国会図書館の他、国立科学博物館、文化庁・国立情報学研究所、NHKなどと連携。36のデータベースから、1697万1526件のデータを検索できる。連携先は今後も拡大する。現在ポータルサイトを通じて79万1179万点のコンテンツが閲覧可能で、教育や商用目的で43万6321点のコンテンツを利用できる。

 今後は利用者からのフィードバックをもとにサイトの機能を整備し、2020年までに正式版の公開を目指すとした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.