ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年03月04日 07時27分 公開

成田空港で“顔パス” チェックイン時に顔写真登録、その後はパスポート提示不要に

チェックイン時に顔写真を登録すれば、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートなどの提示が不要になる新しい搭乗手続き「OneID」を、成田空港が国内の空港に先駆けて、全日空と日本航空で導入する。NECの顔認証システムを採用した。

[ITmedia]

 空港でチェックイン時に顔写真を登録すれば、その後の保安検査などで搭乗券やパスポートの提示が不要になる新しい搭乗手続き「OneID」を、成田空港が国内の空港に先駆けて導入する。NECの顔認証システムを採用。まず全日空と日本航空が導入する。

画像
画像

 チェックインなどの最初の手続き時に顔写真を撮影し、パスポートのICに格納されている写真と搭乗者本人が一致していることを確認した上で、顔写真、パスポート情報、登場情報をひも付け、認証システムに一時的に保存する。

 手荷物預け入れ時には、顔写真を撮影して認証システムで照会。保安検査場入り口や搭乗ゲートでは、歩きながら顔写真が撮影され、認証システムに照会されるため、ウォークスルーできる。

 NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を搭載したシステムを活用した。

 OneIDは、旅客の利便性向上とスタッフの省力化につながるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.