ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年10月31日 13時15分 公開

DJI、日本向けに199グラム折りたたみドローン「Mavic Mini」発売

いわゆる「トイドローン」として扱われる200グラム未満をクリアした、DJIとして初めてのドローンが登場した。

[松尾公也,ITmedia]

 DJIは10月31日、199グラムの小型ドローン「Mavic Mini」を発表した。日本の法規制に合わせた特別モデルで、バッテリーを軽量化することで、航空機ではなく模型飛行機として扱われる重量200グラム未満を同社製品として初めてクリア。飛行可能な場所が広がった。本体展開時は 245×290×55ミリだが、折りたたむと140×82×57ミリの手のひらサイズに収まるコンパクトさで、携帯しやすさも訴求している。同日から予約を受け付ける。

photo 展開したMavic Mini
photo 折りたたむと手のひらサイズ

 カメラは1/2.3インチCMOSセンサーで3軸ジンバルを搭載。2.7K(2720×1530ピクセル)25/30FPSまたはフルHD(1920×1080ピクセル)25〜60FPSの動画、4000×3000ピクセルの静止画を撮影可能だ。リチウムイオンポリマーバッテリーは1100mAhで飛行時間は最大18分。

photo バッテリーを軽量化して199グラムに収めたが、飛行時間は18分確保している

 出荷は11月中旬を予定。機体、送信機、バッテリー込みのスタンダード版が4万6200円、プロペラガードや予備バッテリーなどが追加されたフライモアコンボは5万9400円(いずれも税込)。第三者への対人対物賠償保険が1年分付属する。

photo Mavic Miniでミュージックビデオを作成したミュージシャン、xiangyu(シャンユー)さんとDJI JAPANの呉社長。xiangyuさんはカエルをイメージしてカラーリングしたMavic Miniを手にしている

※初出時、リチウムイオンバッテリーと記載していましたが、正しくはリチウムイオンポリマー(LiPo)バッテリーでした。お詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.