ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年01月14日 15時39分 公開

USJ、任天堂エリアの詳細発表 スマホ連携のリストバンド活用 「ハテナブロック」叩くとコインがもらえるイベントも

USJ運営元が、「SUPER NINTENDO WORLD」の最新情報を発表。「スーパーマリオ」シリーズでおなじみの障害物「ハテナブロック」をエリア内に配置し、来園者がたたくとコインがもらえるアクティビティーなどを行うという。

[ITmedia]

 「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」を運営するユー・エス・ジェイ(USJ)は1月14日、2020年夏までに開業予定の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」の最新情報を発表した。来園者がスマートフォンと連携する有料のリストバンド「パワーアップバンド」を装着し、エリア内を探索するアクティビティーを行うという。

photo 有料のリストバンド「パワーアップバンド」と公式アプリ
photo 「パワーアップバンド」の例

 アクティビティーでは、「スーパーマリオ」シリーズでおなじみの障害物「ハテナブロック」をエリア内に配置し、来園者がたたくとコインがもらえるといった仕掛けを用意。「いくつもの層からなる広大なエリアを冒険しながら、数々のチャレンジに挑む」ものにするとしている。

photo アクティビティーの様子(=USJの公式YouTubeチャンネルより)

 USJが公開したプロモーションビデオでは、パワーアップバンドを装着した来園者が、敵キャラ「キラー」「パックンフラワー」「ドッスン」の攻撃を避けながらダンジョン内を進み、コインだけでなく「スター」を入手し、ゴールのポールを目指す様子も描かれている。

 USJは同エリアに、レーシングゲーム「マリオカート」を再現したライドアトラクションや、人気キャラクター「ヨッシー」のライドアトラクション、ゲームでおなじみの「クッパ城」や「ピーチ城」なども設ける予定だ。

 同社によると、マリオカートは「ゲームとアトラクションが最先端の技術で融合した、究極リアルなアトラクション」、ヨッシーの乗り物は「ヨッシーの背中に乗ってマリオの世界を巡る、ファミリー向けのアトラクション」になるという。

photo 任天堂エリアの全体像

 プロモーションビデオには、カートに乗った来園者が、敵キャラ「クッパ」の攻撃を避けながら走行する様子や、ヨッシーを模した乗り物にまたがった来園者がエリア内を飛び回る様子が収められている。

 同エリアは、USJが新たな目玉エリアとして17年から開発している。任天堂のクリエイティブチームも開発に参加しており、アトラクション、ショップ、レストランを含む巨大複合エリアになる予定で、投資額は約600億円に上る。

photo 任天堂エリアの様子
photo 任天堂エリアの様子

 関西大学の試算によると、同エリアがオープン後10年間でUSJにもたらす経済効果は、近畿圏で約6.2兆円、全国で約11.7兆円に上り、雇用効果は約108万人に及ぶという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.