ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年02月03日 07時17分 公開

9月発売のiPhoneはiPad Pro (USB-C) 風の薄型デザイン? iPhone 2020年モデル3Dモックを実測して分かったこと (1/2)

MACお宝鑑定団が新たに入手した、次期iPhoneのものと思われる3Dモックから分かること。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 Alibaba Sourcesから、iPhone 12/5.3 inchとiPhone 12/5.9 inchとされる3Dプリントモックを入手し、現行iPhone 11、iPhone 11 Proと比較してみた。

photo iPhone 12 2020 3D print mock-up

 噂されている次期iPhone 12の画面サイズは5.4インチ(約13.7センチ)と6.1インチ(約15.4センチ)で、それらとは画面サイズが異なり信憑性も不明だ。

 背面カメラが3眼仕様の3Dプリントモックは、以前紹介済み。

 iPhone 12/5.3 inch、iPhone 12/5.9 inch、iPhone 12 Pro/6.4 inchは、側面がフラットになっていて、iPad Pro (11-inch) 、iPad Pro 12.9-inch (3rd generation) の筐体デザインに近い感じ。

photo iPhone 12 2020 3D print mock-up

 背面カメラの数は違うが、iPhone 12シリーズ自体の薄さは同じ感じだ。

 iPhone 12/5.3 inchとiPhone 12/5.9 inchは2眼カメラ、iPhone 12 Pro/6.4 inchは3眼カメラとなるようだ。

photo iPhone 12 2020 3D print mock-up

 噂では、iPhone 12/5.9 inchに3眼カメラモデルもあると言われているが、確認はできていない。

 Nokia 9 PureViewやMi Note 10など5眼カメラ搭載スマートフォンが発売されているが、Instagramなどに投稿されている写真のメタ情報から、実際に使用されているカメラを調査した結果、2眼カメラで十分だと判断したのかもしれない。

 iPhone 12 2020 3Dプリントモックアップの厚さを測ってみたところ、どのモデルも7.4ミリ前後となっている。

photo iPhone 12 2020 3D print mock-up

 iPhone 8/4.7インチの厚さは7.3ミリ、iPhone 11 Pro/5.8インチの厚さは8.1ミリ、iPhone 11/6.1インチの厚さは8.3ミリのため、iPhone 8に近い厚さになる。

 iPhone 12/5.3 inch、iPhone 12/5.9 inch、iPhone 12 Pro/6.4 inchは、底面にあるマイクとスピーカー用の穴の数が全て違うようだ。

photo iPhone 12 2020 3D print mock-up

 左側の穴の数は、iPhone 12/5.3 inchが2つ、iPhone 12/5.9 inchが3つ、iPhone 12 Pro/6.4 inchが4つとなる模様。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.